こんなに簡単!スマホアプリで写真を加工しよう

>

携帯電話の発展から登場したスマホ、そしてアプリ

加工の基本とは

写真を加工する上で、基本となる3つの項目を挙げてみます。

まずは「レベル補正」という加工について。
写真の明るさを調整します。撮影した時に光量が足りず、暗くなってしまった写真や、明るく飛び気味の写真を一定の明るさに落ち着かせる加工です。

次は「トーンカーブ」という加工です。
写真の明度、トーンを調整します。簡単に言いますと、黒をハッキリと黒く、白をハッキリと白くするということです。
メリハリをつけるということですね。

最後に「サイズ補正」という加工です。
特にデジタルカメラなどで撮影したものは、基本的にサイズが大きいです。
一部スマホで撮影した写真も、ソーシャルメディア等にアップする際のリサイズは欠かせません。

このような加工も「スマホアプリ」なら簡単にできてしまいます。

少し踏み込んだ加工

写真の明るさやトーン、サイズなどの加工ができましたら、もう少し踏み込んだ加工にトライしてみましょう。

写真を綺麗に見せる「ぼかし」という加工。
字のごとく、写真にぼかしを入れる加工です。
主に、背景をぼかして、メインの被写体を前に浮き出てくるような状態にします。
まるで一眼レフカメラで撮影した仕上がりにすることもできる、まさに魔法のような加工といえるでしょう。

あとは、変わった加工として、写真自体を水彩画や絵本調、またはモノクロ写真に加工するといった技術もあります。
アプリのすごいところは、それらをほぼ一発で変換できるという点です。

人によって感性が違いますが、各々が思い思いの加工を、とても気軽に簡単に行えるといった点が、「スマホアプリで行う写真加工」の最大の魅力といえるでしょう。


この記事をシェアする